Oscar Castro Neves (1940-2013)

Uma lenda se foi. Oscar Castro Neves, um dos mais atuantes divulgadores da música brasileira, especialmente a bossa nova, no exterior. Compositor, arranjador elegantíssimo, cantor (poucas vezes), multi instrumentista, produtor musical. Trabalhou com grandes nomes da música como Yo-Yo-Ma, Airto Moreira, Stevie Wonder, João Gilberto, Diane Schuur, Toots Thielemans entre muitos outros. Faleceu no dia 27 de Setembro, em Los Angeles, onde vivia e atuava profissionalmente.

Aqui, uma gravação no Japão, no Blue Note Tokyo, onde se apresentou com Leila Pinheiro.

Oscar Castro-Neves: Acoustic guitar & Vocal
Airto Moreira: Drums
Marcelo Mariano: Electric Bass
Paulo Calasans: Acoustic Piano & Keyboards
Marco Bosco: Percussion

作曲家、マルチ奏者(ピアノ、ギター、エレクトーン)、歌手のオスカー・カストロ・ネヴィスは、1940年5月15日、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ生まれ。アントニオ・カルロス・ジョビンやジョアン・ジルベルトらとボサノヴァの創生に深く係わった後に渡米。セルジオ・メンデス・ブラジル’66のギタリストとして活躍するほか、アンディ・ウィリアムス・ショウの音楽監督を務め基盤を確立。’71年にロサンジェルスに居を構えてから、ブラジル・テイストを求める数々のレコーディングで、ギタリスト兼アレンジャーとして彩りを添えた。演奏の一方でプロデューサーとしても活躍し、ヨーヨー・マの担当作品がグラミーに輝くなど、豊かな成果を残してきた。邦人ミュージシャンからの信奉も厚く、渡辺貞夫、国府弘子、大貫妙子、小野リサなどのコンサートやレコーディングのためたびたび来日した。リリカルなアコースティック・ギターとヴォーカルを人々の心に刻んでいる。近年は中でも、ハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンスとの“ブラジル・プロジェクト”が高い評判を呼び、’01年と’03年の日本公演は連日、通好みの音楽ファンで一杯になった。2013年9月27日、ロスアンゼルスで死亡。オフィシャルサイトはこちらhttp://www.oscarcastroneves.com

0Shares